« スポンサードリンク »

親と離れることで節約術が一人暮らしに必須

16-thumbnail2.jpg

「節約術」って一人暮らしには必須です。

お金がないとこの時代には生きていけないことも
事実なんですよね・・・

節約をして貯金を作ることはとても大切なことなんです。

もしギリギリの生活をしていて貯金がないとき
「親」や「兄弟」に迷惑をかけてしまうことにも
なりかねないでしょう。

こんなことをしていては自立をすることができない
ということにもなってしまいます。

まずは何の為に「一人暮らし」をするのかを考えて
みてほしいんです。


  • 「親にお金を借りるため?」


  • 「ただっうるさい人から逃げる為?」


  • 「生活レベルを上げたいから?」




この意味を考えることが節約をしようっていう原動力に
なってくれるんですね。

そして「よしっやるぞ!!」って思えれば節約術を
学んでいけます。実践していけます。

それではっはじめていきましょうね?

っとその前にですがあまり自分に負担をかけすぎないことも
考えていってくださいね?

「お金に殺されること」だけは絶対にしないで下さい


« スポンサードリンク »
タグ /

光熱費の節約術 |冷蔵庫の電力消費量忘れていませんか?

今回は電気の節約について紹介していこうと思います。

この部分はとても簡単に節約が可能なので実行しやすい
と自分は思っていおります。

基本的には

「電気は豆に消す。」

これが一番の方法ですし、日常の習慣になっているはずで
楽勝ですね・・・って

こんなもん当たり前やんって思いますよね?

でしたら他にも方法があるのか?もちろんありますよ。

まずはっ冷蔵庫の設定を調整することです。

中にある食材の量と外気温の2つを考慮して

冷蔵室ならば「4℃前後」野菜室「6℃前後」にしておく
そうすることで無駄がなくなるんです。

そしてもうひとつは冷蔵庫は何をすれば余計に消費をしている
かを想像することもポイントとなりますよ。

基本的に開けると内部の室温が上がります、開けっ放しにした分
冷蔵庫も温度を下げるために電力を使うことになるんです。

だから「開けたらすぐに閉める」を習慣にしましょう。

« スポンサードリンク »
タグ /

一番の電気ドロボウは何だろう?|光熱費の節約術

a0002_007245.jpg

次の節約方法としては季節別に分かれることになるのですが
暖房と冷房を使うことを控えていくことです。

この暖房と冷房はクセものなので注意で油断して使いまくると
思わぬ額の請求が来るということになってしまうんですね?

あとは「こたつ」も潜って毎日寝るということをしていると
とんでもないことになってしまうことも・・・

電気代で一番の元凶となるので注意してほしいです。


それではっ対処法としては何をするのが良いのでしょうか?
暖房とこたつ対策には


  • 「服を重ねて着る」


  • 「布団をうまく利用する」


  • 「冷複射を防ぐ」


  • 「暖房はタイマーを設定する」


  • 「貼る系のカイロを使う」




という方法があげられます。


冷房対策には


  • 「できるだけ冷房の効いた設備へいく」


  • 「タイマーを設定する」


  • 「扇風機を使う」




という方法がありますよ。

どうしても我慢できない場合には週に何回までとか
勉強で集中したい時など制限を設けるのが良いですよ

« スポンサードリンク »
タグ /

キッチンを使う料理好きな人のガス代 節約 方法

台所でガス代を節約する方法、それは、
調理器具の選び方にも鍵があり、
ガスの火を無駄にはみださせないような
物を選ぶのです。

鍋が小さいと、火が鍋の外側に…


火加減で一番良いと言われているのが中火で、
強火にしすぎないようにしましょう。

また料理前には、鍋の底を確認するのもよいかと
思います。

鍋の底に水滴が付いて、水を蒸発の為にガスを
使ってしまうことになりますので注意してください。

« スポンサードリンク »
タグ /

アルバイトと学業が大変な専門学生でもできる1Kの部屋作り

PPU_yuikomattakao.gif

 学費や生活費のことを考えながら上手に順番を決めコーディネイト
そこが学生のインテリアの難しいところなのかもしれません。

そして色柄 素材 形などがうまくマッチするように組み合わせる

それを考えていく・・・


決めた家具の配置が真っ白なキャンパスだと考えて それに絵の具
でカラーをつけていくことに似ています。


「僕はお部屋の雰囲気を落ち着いた印象に」例えばそんなテーマ
自分の頭の中にあればインテリアも良い部屋にコーディネイトも
しやすくなります。

ではその他に考えておくべきことはなんでしょうか?

それは色の構成が重要になり最初に把握するべきポイントです。

色の知識のない状態でインテリアに必要なものを揃えたとしても
いまいちな部屋になる可能性が大なのです。



だからこそ、最初から部屋の持っている色をベースカラ-も確認する
必要もあるんです。


最初に知るべきベースカラーとは床 壁 天井 ドア、クローゼットなど
部屋に最初からあるものの色をさします。

ただ「一人暮らし」だとたいてい賃貸はこれらの色は変えられません。

退室時に金銭的問題が出てくる可能性あるので変えない方が無難

 
ただっ壁に布を貼ったり床にカーペットを敷くことで色を変えることは
できますが…

手軽に楽しむなら今の色を活かしていける
インテリアカラーを目指していきましょうね?

ですので、元から部屋にある色と組み合わせていける
いくようにイメージしていくのです。



« スポンサードリンク »
タグ /

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。