« スポンサードリンク »

一人暮らしの節約と管理で貯金を増やすシンプルな方法

a0002_005167.jpg 

ここから実際に貯金をしていく為の簡単な方法を紹介して
いこうと考えていますが、まずは買い物が止められない人は
考え方を変えていく必要があるのでまずそこから始めて下さい。

今回は貯金が下手な一人暮らし20代向けの内容をご紹介
していこうと考えております。


まずは今年の目標は決まりましたか?完璧にその結果に
ならないとしてもいくら貯金をしていきたいかの明確化は
重要なカギとなりますのでまずは決め下さい。


例えば「私は今年の12月までに¥300000円貯金します。」
というような目標声明文を作っておくこと最初のステップで
ここからもっと細かい部分に落とし込んでいきましょう。


あとは「その300000円で何を購入したいのか?」この二つを
考えてみてくださいこれだけでもモチベーションが劇的に変わる
ことは間違いありませんよ。


ではここからは具体的なお金の整理と管理術をご紹介します。
ここでまずはお金の使い方が自分の生活の中でおおきく
わけて三種類あることに気が付いてほしいのです。


それは「浪費」「投資」「消費」の三種類ありまして説明をしたら
「無駄使い」「自分への将来の出費」「生活維持の為のお金」
となります。


この方法はレシートなどを残しておいたりしてこの三種類に
分けていきゲーム感覚で実行できる方法なのです。




そしてここからが重要なのですが一日の終わりにとっておいた
レシートをA4版ノートに貼っていくのです。
具体的にはノートに「浪費」「投資」「消費」と書いておきます。



そしてレシートのひとつひとつを自分で仕分けしてノートに
直感で貼っていきますが最初のうちはこの使い方はどの項目に
当てはまるのかなどは悩みがちですが考えすぎないように・・・


これを一日の終わりに数分間をもうけて実行していきましょう
財布の中のレシートをくれぐれも溜めて「あとでいいやっ」という
気持ちにはならないように続けていって下さいね?


あくまでも今日の出費はその日に整理するというルールは
守りつつ一日の「浪費」「投資」「消費」を自分で知ってください。

そしてこの管理を学んでいけばお金も貯まるようにもなります。

« スポンサードリンク »

一人暮らし予定で仕送りがある学生|金銭的不安と貯金無しから脱出する準備

PPW_akinahon.jpg

 これから実家を離れ一人暮らしの生活費 仕送りありの方はいますか?
一人暮らしをする大学生がほんのわずかの仕送りで生活はできるのか・・・
残りの生活費をバイトで稼いで、授業を受けること前提なら大変そうですね?


でもっこの先の一人暮らしがうまくいくかいかないかは今の一人暮らしを
決断した自分がどうしていくのか次第だとは思うのです。
頭で考えてばかりだとどうしても実感を得られることもなくなるので・・・



これから一人暮らしをしていく予定があるのでしたら、実家にいるうちに
思い切り貯金をしておくのが良いではないかと思います。
実家なら少しの買い物を我慢していけば簡単に貯まるはずですよ。



最初は金銭感覚が実家の時と一人暮らしの時とではズレがあるので
正直大変でした。どうしても金銭面で不便な思いをしてしまう面があり
同じ頃の感覚でお金を回しているとアッという間に底をつきます。



お金がなければ勉強の時間もプライベートもどんどん削ることになり
アルバイトの為の生活になってしまうのです。これでは本末転倒で
意味がなくなってしまいますよね?



だから大切なことは親の仕送りに頼り過ぎないようにしていくこと
もうひとつが、今から貯金をしておくということなのだと思います。
仕送りの方もできるだけ緊急時の出費として貯蓄した方が良いです。



一人暮らしでは経済的にも精神的にも親に依存ができない環境に
なるのですからそれを念頭において下さいね?


若い内からお金を貯められるような「一人暮らし」をしておけば必ずや
この先の人生の何かにも役に立ちますし、なによりも生活における
コントロール能力もついてきますので、チャレンジしてみて下さい。




そしてある程度の余裕ができてきて「自己管理」もできるようにして
そこから生活レベルを上げて贅沢をすれば良いのではないでしょうか?

« スポンサードリンク »
タグ /

はじめての学生生活一人暮らし|お金の不安を少しでも和らげる考え方

 16-thumbnail2.jpg

 これまで、お金を貯めるためには「自己管理能力」が必要というお話を
させていただいたのですが、この部分についてもっと詳しく触れていこう
と思いますね?

これは持論ではあるのですが自己管理能力の高い人に関してなのですが
「若い内からお金を貯められる人は一人暮らし」になれている人が多いこと
だと私自身は思っております。


理屈的に考えていくなら実家暮らしで親と同居の方が余裕で貯金ができそう
なのにどうしてなのだろうか?不思議に思うことも仕方がないのかもしれない
ですね?


しかし、私の経験なのですが親に依存できない分自分を管理する能力が
一人暮らしの人は優れているからなので、お金のやりくりも含めますが
生活面の全てが自己責任で行う必要があるからなのです。


親と同居をしていると家賃の支払いや光熱費なども払う機会も家庭環境次第で
あるかないかもあると思うんですね?下手をすればその給料の全額が自分の
ものでコントロールなしで好きな物や遊びに使うこともできてしまうのです。


しかし、この状態のまま親の支えもなくなると想像するとお金の面に非常に
困ることが増えてしまうことも充分に有り得るので今の内に一人暮らしを
することをおススメします。




今はお金のことで困ったり不安になることも多く増えてくるかとは思うのですが
長い目で見ればその苦労は報われるとそう思える日が間違いなくきます。


私は30代過ぎの実家暮らしの友人をみて親への依存から全く成長してない
恥ずかしい人も見てきたので本当に言えることで、これからガンバルあなたは
そうなりたいとは思わないはずですよ。


だから一人暮らしをに前向きに考えてお金の管理を学ぶ環境作りなんだと
思いチャレンジしてほしいと思っております。

« スポンサードリンク »

クレジットカードで支払いの滞納|一人暮らしの学生が借金を返済する手段


(c) .foto project


 こんな誰かに言えない悩みありませんか?
もしっそれが自分には借金があるということで初めは一人暮らしを
維持するためのクレジットで数十万のキャッシングをしてしまった。


一人暮らしをしたのが初めての方なら色々とお金がかかり、
そのたびにキャッシングをして借金のための借金をしてしまう
というパターンって結構ありそうです。


「色々とお金がかかる」という部分は生活維持の為や娯楽など
また、欲しいものをつい分割だからとカード決済をどんどん
していってしまったのかもしれませんね?


自己管理に慣れない状態からの生活なので考えられないことも
ないとは思いますし、もうそうなったら行動を起こすしかないとも
私は思うのです。


でもっどうしてもきちんと働いて自力で返済していきたいと思っては
いてもなかなか追いつかないなんてこともあると思うのです。
下手をすれば借金を返すだけの日々にもなるのかもしれません。


そんな時のアドバイスを自分なりにできればと思いました。
こんな時の対処方法は高い給料のもらえる場所を探すだけで
なくて法律相談所を利用することも考慮してみるのも手です。


法律相談所を利用することでできることは色々とありまして
その中でも任意整理をオススメしておきますね?
これは更に細かく砕くと任意整理 債務整理 個人再生や
最終手段の自己破産もありますよ。


その中の手段のひとつとして債務整理のことについて紹介を
今回はしていきますね。


ではっ任意整理の意味とは「任意で借金を整理すること」で
裁判所などの公的機関を通 さずに、債務者と債権者の間で
利息や毎月の支払いを交渉して、借金額を圧縮することです。


例えば現状の返済額では無理だれど、これから先に収入があり
借金を返せると考えている人にはこの月の支払い金額を減らす
最適な借金の整理方法なのではないでしょうか?


ただっデメリットもあり弁護士の方に交渉をしてもらうので
その為の報酬も支払いをしなければいけないということも
その詳しい内容はこちらで紹介をしておりますので参考に



ですので1ヶ月の金額を減らしてもらい分割の回数は増えて
月の返済金は大きく減らすことができる可能性もありますよ


毎月の給与がこの借金で消えていくような日々になって途方に
暮れてしまうような状況なら一度相談してみるのもありです。
自分に合う借金の解決方法を考えてみて下さい。

« スポンサードリンク »

親の借金返済に縛られて一人暮らしができない|将来の為に相続放棄を考えてみる

N811_misosirutokidokimeshi.jpg

一人暮らしをする前にこんな悩みはありませんか?
自分の親がギャンブル依存症で借金を増やされたらどうしようと
ネガティブに考えてしまいなかなか実家を出られない。


今も父の借金を返していくために今までも自分で返し続けている
そんな辛くて、うんざりするような日々を送っているのかもしれません
親がギャンブル好きだと心配で出られるような余裕もないのでは?


また、このような状況が更に悪化し将来の自分に対する責任面も
大きくなるようなときがいつか来るのではないだろうか?と
延々とこの不安な心境を抱え続けているのかもしれません・・・


私も昔は父のお金にルーズなところやすぐにお金を借りるという
行動が習慣になっているような親として無責任で子供な部分に
いつも困らされていたことがたくさんありました。


勇気を出して一人暮らしをして出て行ったは良いもののあとで
また借金を作る状態を繰り返して手のつけられない状態だったのも
覚えております。


だから今のあなたに昔の自分を重ねてしまっていて何か助けられる
かもしれないと思いこの内容伝えていこうと思うのです・・・


親が借金を返せないとしてもそれは親の問題と考えた方が良いです。
子どもに関係はないとそう強気で行かないと延々と親の借金に縛られ
自分の人生を失ってしまうでしょう。




だからまずはお金を貸すことを止めないと金銭感覚も幼稚なままで
親があなたに依存してしまうのです。


しかし借すことをしなくなれば親の借金は増え続けるのではと疑問に
思うのかもしれませんが親の残した借金を返さないで良い方法も
あることを覚えておいてください。


あとは注意しておくべきこととしては


  • 自分が連帯保証人になることは絶対にしないこと


  • 親の遺産を相続しないこと。




後者の「財産を相続する」ということの意味とはなんなのでしょうか?
これはあなたが「マイナスの遺産である借金も負わなければならない」
となり、多額の借金をして親が亡くなったら…と考えると胃が痛いです。



だから「借金の相続は相続放棄で解決をできることを知っておきましょう。」
しかし相続放棄はデメリットもありその分、土地などプラスの財産も全て
諦めなければいけませんが借金はなくなります。


『親が借金して死去』→『財産を相続』→『借金が発覚した相続放棄』
といういざというときの解決方法があることを頭にいれておいて下さい。
余裕もないのに親の借金を肩代わりするのはバカ正直すぎるだけ・・・


なんの解決にもなりませんし、若い自分の将来を大切にしてあげて
ほしいと思います。正直そういう親は感謝もしていない可能性もあり
悪い気持ちがないから何度も借りにいくのだとも思うのです。


その親には苦しみを味わってもらった方がお金に対する意識や考えが変わる可能性もありますし、なんでも自分で解決しようと考えない方が良いと私は思ってます。




« スポンサードリンク »

Return to page top