« スポンサードリンク »

収支のバランスで生活面の地盤を作り|投資と貯蓄のバランスで自分を強くする

N811_hartwotukurujyosei.jpg 
 こんな悩みありませんか?収支と貯蓄のバランスはどの程度の
割合が一番無理なく続けられて理想か?

20代の女性で、収支と貯蓄のバランスはどの程度の割合が一番
無理なく続けられて理想なのかを知っていきこれからは自己投資
にも力をいれていきたい。


一人暮らしをするに当たりやはり、大切なのは収支のバランスを
整えてから貯蓄の計画を立てていくことなのではないでしょうか?
収支の把握⇒適度な貯金⇒自己投資という流れを作れるように
していきたいものですね?

だから人それぞれ価値観が違うけど一般的な計算法を知っておきたい
と思ったのではないでしょうか?


まず、自分の収入から家賃や光熱費、保険など必ず必要な費用を
引きます。食費などもおおよそ引いてみてレシートをとっておき
最初の一月分を計算しておけば大体わかります。


残ったお金の半分くらいは貯金すれば生活に支障はないかと
思います。残ったお金は自分への投資に使うことをおススメで
うまくライフスタイルのバランスをとって下さい。


「ムダな出費を減らして、かけるべきところにだけお金を使う」


これが基本的な部分にはなるのですが、これ以外にも貯蓄を継続して
いこうとしてもついっ使ってしまうという心の弱さもあると思います。
だからまずは「貯めよう」という意識を常に持ち続けることですね?




あとは「○○の為にお金を貯める!」という目的を具体的に決めて
おくことで、これが決まっていないといくらお金を貯めても不安が
尽きることはありませんよ。


実際お金に対して漠然とした不安をもち貯めても貯めても満足
しない人をたくさん知っています。


理由は


  • 「年金がもらえるのか心配だから」


  • 「家系が頼りないから」


  • 「老後の心配」 


  • 「将来ちゃんと生きていけるのだろうか?」




など自分に保険をかけるような考え方ばかりに目がいきがちです。


こうなると不安が取れることまずないので、貯めることが目的に
なり、すると収支の把握⇒適度な貯金⇒自己投資と貯金から
前に進むことができません。



まずはなんの為にお金を貯めていくのかを決めて自己投資に対する具体的な改善点を把握していくことが大切になりますよ。<こうして自分を育てながら貯蓄をするスタイルを身につけて下さいね?


« スポンサードリンク »
タグ /

一人暮らしで片付けをしたい|片付けが出来ない女が治る狭い部屋の収納の仕方

N112_nayandahyoujyou.jpgseiri145_house.png
 
 これを読んでいるあなたは1人暮らしをしているのですが、部屋が自分でも
ひくほど汚い「女なのに片付けできないって」…考えて実行しようとすると
余計に継続ができない悪循環に追われてしまい苦痛でしょうがない。


こんなところを人に見せることが本当に恥だと認識してますが、悩んでいて
どうしていいかわからない状態になってしまい罪悪感を感じすぎているのかも
しれません。



更にもしかしたらこんなことで周囲を困らせていたり日常生活の習慣で
このような状況になってたりしますか?



@小さい時からだらしなく、よく家族に怒られていた。

Aアルバイトで忙しく何もかもが面倒臭い(それが原因ではないです)

B部屋を片付けたいという気持ちは常にあり、変な所が潔癖

C友達や彼氏が部屋に来るときは、前日に一気に片付けて燃え尽きる

D食べ残しやゴミをそのまま放置し、食器は1週間洗わずに放置してあることも。

E洗濯は週に1度まとめて洗う。カゴに入り切らずに衣類散乱。


これらの内容に自分が当てはまると感じたなら目を通してみて下さい
きっと大きな助けになるはずなので・・・
そんな悩みを解決させて暮らし面を大きく変える方法があるのです。

その方法の名前は「ライフオーガナイズ」という考え方で更に
ライフオーガナイズはまだ日本に入り間もない概念です。




ザックリと紹介していくと自分自身の思考を整理して、いくことで
住居や生活、仕事などの自分のライフスタイルを構成するものを
効率的に準備や計画、整理することなのですね?


自分だけの考え方のなかではどうしてもこれならできるぞと
思えるような広範囲の視野を得ることは難しいんです。
だからこれからはこのライフオーガナイズを実践していってください。


今までは片付けのできないことへの罪悪感やその影響で
人間関係にキズがついたり、何か自分の部屋なのに大きな
欠乏感がとれないようなこともたくさんあったのかもしれません。


しかしっこれを学んでいけば


⇒「これは本当に必要な物かを判断する力」 
  


⇒「片付けの仕組み化する為の考え方」 
 


⇒「再現性のある片付けにはどんな手段があるのか?」



などを知り自分の人生や人間関係、インテリア面でも+の影響を
及ぼしてくれることは間違いなくその+の影響から暮らしの軸も
定まってくるでしょう。


自分の軸が定まるということは心の面も大きくクリーニングされて
整理整頓や片付けにも「暮らしに愛をもって大切にしていくこと」
を覚えることもできます。


これからは友達を素敵な部屋に招いていき心から笑えるような
心地の良い暮らしを送れることをお祈りしていますね?

« スポンサードリンク »

ライフオーナイズで部屋を俯瞰する|「片付けの仕組み化する為の考え方」

N825_wankappuwomochiunadare.jpg 
 今回は「片付けの仕組み化する為の考え方」についてと
ライフオーガナイズの方法を考えていきましょう。

 それではここからライフオーガナイズとはどういうものかを
ご説明していこうと思いますね?基本的にはモノやコト、関係性
などを俯瞰して見直すことなのです。


うまくいかない状況を周りのせいにせずにまずは自分の今の
状況や人生そのものを見直してうまくコントロールをできるように
することで自分の責任能力を上げていきます。


片付けが苦手でいつも大きなストレスを感じているような状態に
なり困り果てている自分を見直して上げて下さい。
友達が部屋に来ることを拒む理由も認めてあげて下さいね?



 まずは誰でも陥りがちな状況から来る悩みに触れていこうと思います。
それは「○○で時間がなくて片付けをする暇がない」というパターンで
大抵はこの理由で部屋が粗末になるのを放置する運命になります。

例えば一人暮らしなら


  • 「学校とアルバイトの両立で時間がない」


  • 「疲れたから休む時間に時間を使いたい」


  • 「平日は忙しいから休みの日に一気にやればいいや」



とない理由を見つけていってはどんどん自分の行動にロックをかけて
しまうパターンに陥りがちになりますが、この生活環境と価値観を
見直していく必要があるのですね?

それは時間の「必要」「不必要」を見分けていくことと同じなのです。
まずは目標があるのなら、そのための時間を用意できるように確保
していくことから始めていくことが大切となります。


「モノ」を片付けられないと考える前にそうなった理由や時間について
も自分で発見して選択できるようにしていけるようにできることが
「片付けの仕組み化する為の考え方」を作る基盤になるのです。



こうして時間を自分の生活環境の中で発見していきつつ、片付けを
する時間を数分用意して取り組んでみてくださいね?

« スポンサードリンク »
タグ /

ライフオーガナイズ|捨てる決断ができない時に本当に必要な物かを判断する

305_heya.gif 

 整理整頓や片付けが苦手なあなたは仕方のコツもわからない
状態になっているはずで家のモノの八割が不必要なのに
捨てられない物が溢れているのかもしれません。


そして部屋がすごいことになってしまっていてどこから手をつけて
いいのかわからずに途方にくれていて全く優先順位がつけらずに
困っている。
146_14549_photost.gif

またっ部屋の引き出しの小物もごっちゃになってしまっていて
使う物を取り出す時に 出せないので更に困った状態に・・・・
そんな時「これは本当に必要な物かを判断する力」が必要です。


「80対20の法則(パレートの法則)をご存知でしょうか?」
これは経済や社会現象、自然現象などにあてはめるための
統計モデルなのです。



  • 「売り上げの80%は顧客の20%が生み出している」


  • 「仕事の成果の80%は費やした時間の20%が生み出す」





というような物事は全てこのような比率で構成されているという
法則性なのです。このように片付けも同じようにですが
不要な物が80%必要な物20%となるのです。


例えがお年頃の女性ならクローゼットをみて下さいきっと全然
着ることのない洋服がほとんどだと思います。こんなに物が
溢れていて全てを着るということはまずありえません。


これは他の物にも言えることで化粧品なども新しい情報に影響
されてどんどん新しい自分に合う物はと考えていっても使う物は
ほんの20%にしかないものなのです。


この法則に従い実際自分の使用している溢れた物を見直して
みるときっと使っているのは一握りの物しかないはずです。
まずはここに気が付いてほしいと思います。


 それではっここからはもっと溢れた物をスッキリするまえに
どうしてこんな風になってしまったのか考えていきましょうね?
物が溢れて途方にくれてしまう原因を探っていきますよ。


一般的には自分の管理できる量を大きく超えて物を買いすぎる
傾向があることとその取捨選択のときに感情に左右されてしまうことが
多いのあるのです。





例えば「せっかくのもらい物だから・・・」「使わないけどいつか使う」
となかなか手放すことをしなくなってしまうのですね?
しかしっそれが使っていない物もあることは確かなのですが・・・・


自分の性格や趣味に合わないものは死蔵品となるだけで物は
活かせてこそ物を買う価値があり、モノが溢れて困っていて捨てる
こともできないことは人や思い出に欲に引きずられている証拠です。



まずは自分自身の価値観と物との整合性を見つけてみて下さい。そうして分析すれば本当に大切な物だけを残して効率良く整理整頓と片付けもできるようになりますよ。

« スポンサードリンク »
タグ /

一人暮らしで掃除ができる習慣化の方法|汚い部屋を片付けられない学生へ

seiri145_house.png 

部屋が散らかっていて掃除を中々できません。
その理由はアルバイトの時間が多くて一人暮らしの
せいもあり更に掃除クセがなくかたずけが下手だ。


そのせいで自分の部屋は掃除機してない 洗濯物が山積み
のような状態になっていませんか?


自分のコントロールもうまくできなくて家政婦さんとか
頼んだ方が良いのかと考えているのかもしれませんね?
そんな時に上手く片付ける様になるアドバイスがあります。


最初に家政婦を雇うことは止めた方が良いのではと思います。
その理由は仮に部屋を綺麗にしてもらったとしてもその部屋に
住んでいる自分自身は散らかしてしまう。


これでは一時的な凌ぎにしかなりませんしお金だけが無駄に
なるし楽を求めて自身の堕落を招いてしまうだけになって
しまうのです。


それではどのようにしていけば良いのでしょうか?
やはりっ散らかる原因は自分の内面の要素や時間がない
ことと家事の労力からの疲弊なのかもしれません。


だからまずは自分と暮らしを俯瞰的に見て分析していく
必要があるのですね?


こうして「あなたのやり方はなんですか?」と問いかけていき
自分なり正しいやり方を道を見つけていきます。
その為にも俯瞰で見ることが大切になってくるのです。




見るべき部分は時間の使い方や仕事 生活 人間関係など
全てにおいて必要な要素になりますよ。


俯瞰で見るとは「鳥瞰」ともいいこの言葉の意味なのですが
鳥のような高い視点か見下ろしていくような感覚をもつことで
全体を上から見て客観的に把握するということです。


言葉で言うのは簡単なことなのですが実はとても難易度の
高いことではあるのですが…これも自分を訓練していけば
少しずつできるようになります。


それではっ実際に俯瞰をして考えて対策を考えていきましょう。



  1. 今回の場合で鳥瞰すると自分ができない理由としてみると
    アルバイトの時間と疲労が片付けや掃除の面とのバランス
    を崩していることが原因になっています。


  2. そう見ていくと疲れていてもできる時間と範囲内で掃除を
    していけば良いことになりますね?
    だから「仕事後10分だけ掃除」を目標にしてみて下さい。


  3. こうしてアルバイトが原因だからできない理由を時間設定し
    簡単に継続できるようにしていけば、色々スッキリと片付けや
    掃除も簡単にできるのではないでしょうか?




これでも労力が多すぎると感じるのなら五分にしていけば
良くて自分なりに簡単に掃除や洗濯 片付けができるような
スタイルを探していってください。


こうして自分自身との約束を守ることができるように目標を設定していくことで起こることにただっ反応をしているだけの生活から脱出していくのです。

« スポンサードリンク »

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。