« スポンサードリンク »

賃貸を選ぶポイントと情報収集|これからの生活を考慮した条件の選び方

PPU_akinakangaegoto.jpg 
 あなたはこんな悩みありませんか?
一人暮らしの準備の為に不動産の選び方のポイントを知りたい。
春くらいに引っ越しを予定で最近物件の情報収集をしている。


そんな情報収集の時に不動産巡りをしようと抑えておくべきことは?


物件を探すのに、どういう計画で不動産を回るべきなのか
多ければ多いほど、情報も多く、物件を見つけやすくなるのか?


今回は不動産と物件を決める時のポイントを抑えていこうと思います。
それではっ宜しくお願い致します。


不動産に行く前にはますは、インターネットや貸賃情報誌で調べる
ことで駅から徒歩何分くらいだとか、この広さなら家賃は
大体これくらいだろうなという目安も生まれてきます。


特に家賃をまず第一に考慮して物件と不動産をリサーチしておくこと
学生なら大体のアルバイト先に行く所要時間と学校へ付く時間などの
アクセスの時間を考えていくことも大切になってきますよ。


そこから更にもし自分で理想の家賃の次はどんな店や施設があれば便利
だろうと考えて「買出しのためにスーパーが近い方が駅が近い方が」
と条件をつけて探していきます。



ただっなんでもかんでも完璧を求めすぎないことで自分の生活に
妥協できるところとできないところをはっきりさせておきましょう。


ここからは更に具体的にアクセス条件に関する考慮しておくべき部分を
あげていきますね?



  • 自分の足で歩いた駅までの所要時間


  • 商店街の有無と営業時間、品揃えや物価


  • 役所、郵便局、病院などの周辺施設の有無


  • お金がすぐに下ろせるようにコンビ二のATMがある場所


  • 周辺の騒音はうるさくないか?




自分の時間が許すのならもっと徹底的にリサーチをしておいて下さい。
物件を決めることはこれからのライフバランスの基盤にもなるのですから
やって損にはなりませんし、むしろ見返りが大きいので・・・・


次は朝、昼、晩に合わせてその場所に関してのイメージをしていくことが
大切になってきます。



朝なら駅を利用するとき、通勤時間の混雑具合、その物件から駅までの
徒歩での所要時間を計る。


昼は休日を想定して、周辺の騒音、日中の日当たりが良いのかを確認
銀行や病院、スーパーの場所と営業時間を調べておきましょう。


夜は帰宅したあとに利用できる施設などあるのか例えばコンビ二が
あれば買いだしやATMを利用できるのかなどの確認とあやしい身なりの
人は歩いていないかなどです。


ここまでやればもっと良いアクセス条件で更に生活面もうまくバランスがとれるような状態で一人暮らしがスタートできますよ。

« スポンサードリンク »

不動産での契約の流れを知る|実際に下見をしに行く時に見ておくべきこと

C812_moromiejyanaika.jpg 

 自分の理想の条件をある程度把握できてくると今度は実際に不動産の訪問を
していくことになります。

 不動産の選ぶポイントを知ったところで直接アポイントをとりに
いくことになるのですが訪問をする時はどのような点に注意して
いけば良いのかわかりませんよね?


⇒実際電話でアポイントをるたときの注意点についてこちらを参照に
してみて下さい。


 まずは電話確認をしてから訪問ができる日程を決めていきます。
ただ水曜日が定休日が多いのでスケジューリング時に注意が
必要です。


直接行く時には清潔で好印象な格好をするのも忘れないように
したいものですね?


その時に目的を明確に伝えて下見したい物件の情報を見せて
もらいほかにもどんな物件があるのかをしっかりと調べておきます。


また、自分なりに譲れない条件をある施設などが近いことや
駅が近いなどの理想の条件を担当者に話せばもっと良い物件を
見つけるきっかけにもなるかもしれませんね?


そして、ここからは実際に下見に行くことになるですがその時の
チェックするべき項目を上げてみましたので参考してみて下さい。
まずは間取り図でわからなかったところを実際の目でみていきます。




間取り図は部屋の広さやドア数、収納の有無や広さは把握できても
それ以外の天井の高さ、柱の出っ張り、壁の色、日当たりは
わかりません。


また、収納スペースの奥行きや高さ、部屋のコンセントの数や位置
なども使い勝手がわからないところも見ておきましょう。


だからまずは、こうした部分を下見でチェックしていってください。
あとはこれからの生活面であったら便利な施設が近くにあるのか
を見たり、実際歩いてみることも重要な要因です。


そして、物件を見終わったところで不動産会社に戻ることになるの
ですが、すぐに申しこむ方向に踏み出すにはまだ早いでしょう。


借りたい部屋のシミュレーションに慣れたはずなので他の物件も時間の許すかぎりは情報を見せてもらうほうが良いでしょうしあわてて決めずにしっかり検討をするべきです。

« スポンサードリンク »

Return to page top