« スポンサードリンク »

アルバイトと学業が大変な専門学生でもできる1Kの部屋作り

PPU_yuikomattakao.gif

 学費や生活費のことを考えながら上手に順番を決めコーディネイト
そこが学生のインテリアの難しいところなのかもしれません。

そして色柄 素材 形などがうまくマッチするように組み合わせる

それを考えていく・・・


決めた家具の配置が真っ白なキャンパスだと考えて それに絵の具
でカラーをつけていくことに似ています。


「僕はお部屋の雰囲気を落ち着いた印象に」例えばそんなテーマ
自分の頭の中にあればインテリアも良い部屋にコーディネイトも
しやすくなります。

ではその他に考えておくべきことはなんでしょうか?

それは色の構成が重要になり最初に把握するべきポイントです。

色の知識のない状態でインテリアに必要なものを揃えたとしても
いまいちな部屋になる可能性が大なのです。



だからこそ、最初から部屋の持っている色をベースカラ-も確認する
必要もあるんです。


最初に知るべきベースカラーとは床 壁 天井 ドア、クローゼットなど
部屋に最初からあるものの色をさします。

ただ「一人暮らし」だとたいてい賃貸はこれらの色は変えられません。

退室時に金銭的問題が出てくる可能性あるので変えない方が無難

 
ただっ壁に布を貼ったり床にカーペットを敷くことで色を変えることは
できますが…

手軽に楽しむなら今の色を活かしていける
インテリアカラーを目指していきましょうね?

ですので、元から部屋にある色と組み合わせていける
いくようにイメージしていくのです。





« スポンサードリンク »
タグ /

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。