« スポンサードリンク »

本とデスク周りの整理整頓|書籍と雑誌の捨てる基準

untitled.jpg
 
 要は物が片付かないというよりも捨て方の問題と考えてください。
お店やおいしいもの紹介の雑誌でもどんどん時が経てば変わります。


ファッション雑誌も同じことでどんどん流行は移り変わるものなのです。
ですので古い雑誌から結局のところなにも得る情報はなくなるわけで・・・
それでも雑誌を10年間もち続けている人がいてもなぜか保存していました。
雑誌の特集は今シーズンの為組んであるものなのでその季節しか信用できる
情報はないです。ですのでもう古いと感じたらすぐ捨てるのが◎

行動哲学や心理学などの書籍もお気に入り以外は捨てるか売るのが良いでしょう。
これらのノウハウは共感できる一生使えるものとちょっとこの考えは・・・
と思うものがあります。

雑誌整理.gif

自分なりにこの人の書籍は相性が良いというものはとっておくのが良いです。
「本当に結果が出るもの以外は捨てましょう。」

何年経っても実行しないノウハウは自分の中で価値のない印です。



また、インターネットでもこれらの情報は得ることもできる時代なのでネットだけで済まして本棚の空きをできるだけ減らさないのも良い方法です

ここから更にもっと具体的に対策を考えていきましょう。 

« スポンサードリンク »

Return to page top