« スポンサードリンク »
ホーム » 片付けがどうしてもできない人のライフオーガナイズ

1 2 3 4 5 .. 次のページ »

一人暮らしで片付けをしたい|片付けが出来ない女が治る狭い部屋の収納の仕方

N112_nayandahyoujyou.jpgseiri145_house.png
 
 これを読んでいるあなたは1人暮らしをしているのですが、部屋が自分でも
ひくほど汚い「女なのに片付けできないって」…考えて実行しようとすると
余計に継続ができない悪循環に追われてしまい苦痛でしょうがない。


こんなところを人に見せることが本当に恥だと認識してますが、悩んでいて
どうしていいかわからない状態になってしまい罪悪感を感じすぎているのかも
しれません。



更にもしかしたらこんなことで周囲を困らせていたり日常生活の習慣で
このような状況になってたりしますか?



@小さい時からだらしなく、よく家族に怒られていた。

Aアルバイトで忙しく何もかもが面倒臭い(それが原因ではないです)

B部屋を片付けたいという気持ちは常にあり、変な所が潔癖

C友達や彼氏が部屋に来るときは、前日に一気に片付けて燃え尽きる

D食べ残しやゴミをそのまま放置し、食器は1週間洗わずに放置してあることも。

E洗濯は週に1度まとめて洗う。カゴに入り切らずに衣類散乱。


これらの内容に自分が当てはまると感じたなら目を通してみて下さい
きっと大きな助けになるはずなので・・・
そんな悩みを解決させて暮らし面を大きく変える方法があるのです。

その方法の名前は「ライフオーガナイズ」という考え方で更に
ライフオーガナイズはまだ日本に入り間もない概念です。




ザックリと紹介していくと自分自身の思考を整理して、いくことで
住居や生活、仕事などの自分のライフスタイルを構成するものを
効率的に準備や計画、整理することなのですね?


自分だけの考え方のなかではどうしてもこれならできるぞと
思えるような広範囲の視野を得ることは難しいんです。
だからこれからはこのライフオーガナイズを実践していってください。


今までは片付けのできないことへの罪悪感やその影響で
人間関係にキズがついたり、何か自分の部屋なのに大きな
欠乏感がとれないようなこともたくさんあったのかもしれません。


しかしっこれを学んでいけば


⇒「これは本当に必要な物かを判断する力」 
  


⇒「片付けの仕組み化する為の考え方」 
 


⇒「再現性のある片付けにはどんな手段があるのか?」



などを知り自分の人生や人間関係、インテリア面でも+の影響を
及ぼしてくれることは間違いなくその+の影響から暮らしの軸も
定まってくるでしょう。


自分の軸が定まるということは心の面も大きくクリーニングされて
整理整頓や片付けにも「暮らしに愛をもって大切にしていくこと」
を覚えることもできます。


これからは友達を素敵な部屋に招いていき心から笑えるような
心地の良い暮らしを送れることをお祈りしていますね?

« スポンサードリンク »
1 2 3 4 5 .. 次のページ »

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。