« スポンサードリンク »

ライフオーナイズで部屋を俯瞰する|「片付けの仕組み化する為の考え方」

N825_wankappuwomochiunadare.jpg 
 今回は「片付けの仕組み化する為の考え方」についてと
ライフオーガナイズの方法を考えていきましょう。

 それではここからライフオーガナイズとはどういうものかを
ご説明していこうと思いますね?基本的にはモノやコト、関係性
などを俯瞰して見直すことなのです。


うまくいかない状況を周りのせいにせずにまずは自分の今の
状況や人生そのものを見直してうまくコントロールをできるように
することで自分の責任能力を上げていきます。


片付けが苦手でいつも大きなストレスを感じているような状態に
なり困り果てている自分を見直して上げて下さい。
友達が部屋に来ることを拒む理由も認めてあげて下さいね?



 まずは誰でも陥りがちな状況から来る悩みに触れていこうと思います。
それは「○○で時間がなくて片付けをする暇がない」というパターンで
大抵はこの理由で部屋が粗末になるのを放置する運命になります。

例えば一人暮らしなら


  • 「学校とアルバイトの両立で時間がない」


  • 「疲れたから休む時間に時間を使いたい」


  • 「平日は忙しいから休みの日に一気にやればいいや」



とない理由を見つけていってはどんどん自分の行動にロックをかけて
しまうパターンに陥りがちになりますが、この生活環境と価値観を
見直していく必要があるのですね?

それは時間の「必要」「不必要」を見分けていくことと同じなのです。
まずは目標があるのなら、そのための時間を用意できるように確保
していくことから始めていくことが大切となります。


「モノ」を片付けられないと考える前にそうなった理由や時間について
も自分で発見して選択できるようにしていけるようにできることが
「片付けの仕組み化する為の考え方」を作る基盤になるのです。



こうして時間を自分の生活環境の中で発見していきつつ、片付けを
する時間を数分用意して取り組んでみてくださいね?


« スポンサードリンク »
タグ /

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。