« スポンサードリンク »

ライフオーガナイズ|捨てる決断ができない時に本当に必要な物かを判断する

305_heya.gif 

 整理整頓や片付けが苦手なあなたは仕方のコツもわからない
状態になっているはずで家のモノの八割が不必要なのに
捨てられない物が溢れているのかもしれません。


そして部屋がすごいことになってしまっていてどこから手をつけて
いいのかわからずに途方にくれていて全く優先順位がつけらずに
困っている。
146_14549_photost.gif

またっ部屋の引き出しの小物もごっちゃになってしまっていて
使う物を取り出す時に 出せないので更に困った状態に・・・・
そんな時「これは本当に必要な物かを判断する力」が必要です。


「80対20の法則(パレートの法則)をご存知でしょうか?」
これは経済や社会現象、自然現象などにあてはめるための
統計モデルなのです。



  • 「売り上げの80%は顧客の20%が生み出している」


  • 「仕事の成果の80%は費やした時間の20%が生み出す」





というような物事は全てこのような比率で構成されているという
法則性なのです。このように片付けも同じようにですが
不要な物が80%必要な物20%となるのです。


例えがお年頃の女性ならクローゼットをみて下さいきっと全然
着ることのない洋服がほとんどだと思います。こんなに物が
溢れていて全てを着るということはまずありえません。


これは他の物にも言えることで化粧品なども新しい情報に影響
されてどんどん新しい自分に合う物はと考えていっても使う物は
ほんの20%にしかないものなのです。


この法則に従い実際自分の使用している溢れた物を見直して
みるときっと使っているのは一握りの物しかないはずです。
まずはここに気が付いてほしいと思います。


 それではっここからはもっと溢れた物をスッキリするまえに
どうしてこんな風になってしまったのか考えていきましょうね?
物が溢れて途方にくれてしまう原因を探っていきますよ。


一般的には自分の管理できる量を大きく超えて物を買いすぎる
傾向があることとその取捨選択のときに感情に左右されてしまうことが
多いのあるのです。





例えば「せっかくのもらい物だから・・・」「使わないけどいつか使う」
となかなか手放すことをしなくなってしまうのですね?
しかしっそれが使っていない物もあることは確かなのですが・・・・


自分の性格や趣味に合わないものは死蔵品となるだけで物は
活かせてこそ物を買う価値があり、モノが溢れて困っていて捨てる
こともできないことは人や思い出に欲に引きずられている証拠です。



まずは自分自身の価値観と物との整合性を見つけてみて下さい。そうして分析すれば本当に大切な物だけを残して効率良く整理整頓と片付けもできるようになりますよ。


« スポンサードリンク »
タグ /

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。